月次決算の価値が倍増する! よく解りMAS ソフト

限界利益と損益分岐点

損益分岐点分析  入門

1 限界利益(Marginal profit)

 経済学の限界利益とは、商品の売上を一単位増やす毎に増加する利益をいう。
 管理会計では売上高から変動費を控除した金額を限界利益という。限界利益を求めるためには、費用を変動費と固定費に分けることになる。
利益展開図表

【変動費】
 変動費とは、材料費、外注費、発送配達費、販売手数料等のように売上の増加・減少に比例して増減する費用である。

【固定費】
 固定費は、売上の増減にかかわりなく発生する費用をいう。固定費には、人件費、地代家賃、租税公課、減価償却費、管理費等がある。

【限界利益を求める公式】
 限界利益を求める公式は、次の通りである。

  売上高-変動費=限界利益

 限界利益から固定費を控除した額が利益になる。

  限界利益―固定費=利益

 ここで説明した、限界利益、変動費、固定費、利益は、管理会計の用語であるので、財務会計の収益、費用、利益の区分表示には表れてこない。変動費、固定費の区分方法にはいくつかの方法があるが、実務的には費目別精査法で区分計算する。


2 損益分岐点【損益分岐点売上高】(BEP : Break even point)

 損益分岐点とは、利益が「0」になる売上高である。言い換えれば、限界利益と固定費の額が同額になるときの売上高である。
 損益分岐点図表で説明すると、固定費に変動費を加えた総費用線が売上高線と交わる点が損益分岐点になる。
 損益分岐点を損益分岐点売上高ともいう。

【限界利益と損益分岐点計算例・・以下貨幣の単位を省略して説明】
 一単位の売価が100で変動費30の商品を1単位販売すれば、限界利益70を稼げるとする。
 この商品を10単位販売すれば、売上高は1,000、変動費300、限界利益は700になる。このときの固定費が700であれば利益は0となる。利益「0」のときの売上高700を損益分岐点売上高または損益分岐点という。図表で表すと次の通りとなる。
損益分岐点図表

【損益分岐点を求める公式】
 損益分岐点売上高を求める公式は、次の通りである。

  損益分岐点売上高 = 固定費 ÷ {1-(変動費 ÷ 売上高)}

   損益分岐点売上高 = 固定費 ÷ 限界利益率

 上記の例を基にして、固定費1,050の場合の損益分岐点売上高を、上記の公式に当てはめ計算すると次の通りである。
 1,050÷{1-(30÷100)}=1,500
 固定費1,050の場合の損益分岐点売上高は1,500になる。

3 まとめ

 限界利益は、このように経営管理にとって大変有益な利益概念である。
 現実の経営では、多品種の商品を取扱っており、商品毎に限界利益率は異なるので、公式を簡単に当てはめることはできない。但し、商品・市場構成が変化することなく売上高の増減が生じると仮定すれば限界利益率も一定を保つので公式を使いこなせる。

 経営に役立つ管理会計の公式を利用するためには、商品・市場別等の管理会計を導入することをすすめたい。




a:112835 t:13 y:135

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional